=aRuka(あるか)^^♪=

そういうのあるか、こういうのもあるかという情報サイト

深刻な口臭の悩み、原因とその口臭をスッパリと断ち切る方法

time 2018/11/21

深刻な口臭の悩み、原因とその口臭をスッパリと断ち切る方法

口臭は、様々な原因によって引き起こされます。

主な原因は口の中にあるわけですが、口以外の原因もあります。

口の中には200種類を超える最近がいて、これが繁殖して、歯垢や口の中で新陳代謝によって死滅した細胞のたんぱく質などを分解することによって悪臭を発することなどが原因です。

口の中の細菌を抑えるのは不可能ですが、細菌が分解する口の中の汚れを除去することはコントロールすることが出来ます。

またストレスや内臓(胃の調子など)からくる口臭もあります。

ストレスは唾液の分泌が少なくなり、口臭原因物質が増えて口臭につながることがあると言われています。

また胃の調子が悪いと消化不良などから食べ物が長く胃の中に停滞してガスを発生させ、これも口臭の原因になったりします。

最近取り上げられることが多くなって来た臭い玉(膿栓-のうせん-)といわれる、のどの奥の両脇(扁桃)にできる「白いつぶつぶ(白いかたまり)」なども口臭の原因ともいわれます。

他、妊娠したときや生理のときなどホルモンの変調時にも口臭が強くなることもあります。

つまり、何が原因で口臭が起こるのかは人それぞれですが、ケア次第で口臭は抑えることが出来ます。

中には自分ではケア出来ないものもあったりしますが、そこは歯科医による診療に任せてください。

 

「人前で口臭を気にしてあまり喋れなくなってしまう。」

「歯をきちんと磨いているのに口が臭い。」

「口の臭いが気になって人と積極的にかかわることが出来ない。」

 

口臭で悩んでいるのであれば、正しい口臭の撃退方法をつかんで一日も早く口臭の悩みから抜け出して欲しいです。

適切なケアを実行して口臭を無くしていきましょう。

 

日常での生理的な原因

口臭のほとんどは、歯や歯の間にたまった汚れ(歯垢)、舌についた汚れなどと口の中に200種類もいると言われている細菌が作り出すものです。

口の中にたまった汚れを細菌が分解する時に、臭気を発します。

細菌は、起きた時や緊張時など口の中が乾燥したときたくさん増えます。

口の中が乾燥すると、細菌にとって繁殖するのに絶好な環境になってしまいます。

細菌の繁殖、細菌による汚れの分解などで口臭を発しないようにするためには、口の中を清潔に保ち(歯磨きやうがい)、できるだけ乾燥

させないようにするといったことが大切です。(適度に水分を補給するなど)

生理的な原因からくる口臭は、普段の心がけとちょっとしたケアでほとんど改善させることが可能です。

 

病的な原因

口の中を清潔になるようケアしていても口臭が消えない場合は病的な原因が考えられます。

例えば虫歯や歯周病、歯石の堆積、扁桃腺の病気、慢性鼻炎、糖尿病、慢性気管支炎、肝機能不全など様々な原因が考えられます。

これらが原因と考えられる時は、日常のケアでは解決出来ませんので医師による適切な治療が必要になってきます。

口臭ケアをしても口臭が治る気配がない場合は、まずは歯科医に相談してみることも検討してみてください。

放っておくと、口臭だけでなく大変なことにもつながりかねないので早め早めの対処が必要です。

 

食事の内容や嗜好品が原因

餃子やにんにく、焼肉などを食べると口臭がきつくなってしまいます。

ブレスケアなどでその場をしのぐことも出来ますが、しばらくはその臭いが取れないなど手強かったりします。

またタバコを吸っている人は口臭の強くなりがちです。(未成年は関係ないですね)

タバコとコーヒーがまじった臭いとかは強烈ですよね。

お酒もアルコールが分解される時に発生するアセトアルデヒドなどによって口が臭くなることがあります。

上記のような食事やタバコなどの嗜好品による口臭は外的なものが原因なので自分で摂取するのを控えたりすれば改善されます。

ただタバコは、歯についたヤニとか肺の中に溜まったニコチンの臭いが体に染み付いてしまい口臭につながるので、できればタバコはやめていただきたいところです。

 

歯ブラシ・歯間ブラシ

口臭のケアで、口の中の汚れの除去は基本的なケアで欠かすことが出来ないものです。

日々、歯ブラシを使った歯磨きによって歯垢をくまなく除去することが重要です。

自分ではキチンと磨けていると思っていても磨き残しはあるものです。

磨き残しで歯垢が残っていると、口の中の細菌が歯垢をエサにして増えることで口臭の原因となる成分を作り出してしまいます。

また普段あまり気を使う人は多くないと思われますが、歯と歯の間(歯間)にも歯垢はたまりますので、歯と歯の間は専用の歯間ブラシで歯垢を取り除くようにしましょう。

口のなかの汚れを残すことは口臭へとつながりますので、口腔ケアはキチンと実行しましょう。

 

舌ブラシ

舌のケアをマメにしてる人はそう多くはないのではないでしょうか。

舌のケアは普段見落とされがちです。

舌の表面には、舌苔と呼ばれる細菌の温床となるものが放っておくと

付着していきます。舌苔をそのままにしておくと、細菌が繁殖するわけですから、口臭の原因となります。

舌苔を取る専用のブラシがあるので、1日に1回程度(やり過ぎはNGです。起床時などにやる程度で大丈夫)取るようにすると良いでしょう。

この時重要なのは、強く動かさないことです。

強く動かすと、舌の表面を傷つけてしまいますので、舌の奥から前に、舌をちょっと押すような感じの力で舌苔を取り除くと良いでしょう。

この、舌苔と歯垢をきちんとケアすることでだいぶ口臭はおさえることが出来ます。

時間がない時などは、殺菌作用のある薬用のマウスウォッシュなどを使ってのケアでも良いでしょう。

臭いの元になる細菌を殺菌することができます。

舌のケアも口臭対策のひとつとして心がけると良いでしょう。

 

デンタルウォッシュ

デンタルウォッシュは、歯磨きなどでは落とせない隠れた歯垢を浮かして除去したり、

歯周病や歯肉炎、虫歯の予防、口臭予防や油っぽい食事の後の口の中の汚れなども、液を口の中に入れてくちゅくちゅするだけで落としてくれる優れものです。

歯磨きや歯間ブラシで落とせなかった汚れを落とすのに最適です。

デンタルウォッシュは、口臭予防のための口内ケアにはぜひとも取り入れて欲しいアイテムです。

例えばモンダミンやクリニカなどが有名です。

 

歯石除去

歯石は、歯垢がもとで生成されるもので、どんなに一生懸命歯磨きを

行っている人でも必ずあります。

歯石は非常に硬く、個人で取り除くのは無理ですので、歯科医に行って

適切に除去してもらう必要があります。

歯石は、細菌の温床なだけでなく、口臭の原因にもなります。

歯磨きを行っても口臭がある人は、歯石が臭いの原因となっているのかもしれません。

歯垢は2日で歯石になると言われており、歯石を除去しても再びついてしまいます。

歯石は、3ヶ月周期ごと位のペースで歯科医に除去してもらうのが良いようです。(可能なら)

 

虫歯治療

虫歯も口臭の原因になります。

虫歯で穴のあいた歯には、歯垢がつまり、細菌の温床となってしまいます。

また、神経まで届くような虫歯の場合は、けっこう強烈な悪臭を放つので、虫歯治療は早期にやるのが賢明です。

虫歯と共に、歯周病の治療も早い段階でやった方が良いでしょう。

歯周病は、歯と歯茎の間につまった歯垢が原因で歯肉が炎症を起こすところから始まり、ひどくなると骨が溶けてきて歯を支える土台がなくなってきてしまい、歯がぐらぐらしてしまいます。

歯肉から膿が出始めるようになると強烈な悪臭が出てきますので、普段からのデンタルケアでプラーク(歯垢)コントロールが大事です。

虫歯になってしまったら、いち早く病院で治療をするようにしましょう。

 

臭い玉(膿栓-のうせん-)

最近メディアなどで取り上げられることが多くなって来た臭い玉(膿栓-のうせん-)といわれる、のどの奥の両脇(扁桃)にできる「白いつぶつぶ(白いかたまり)」なども口臭の原因ともいわれます。

臭い玉は、のどの奥の両脇(扁桃)には小さなくぼみがたくさんあって、扁桃に炎症が起こったり、体内へのウイルスや細菌の侵入を捕獲するなどした結果、そこに細菌の死骸などがたまったりしたその貯留物が白いかたまりとなって臭い玉になります。

口を大きく開けて鏡などでのどの奥を見ると自分でも確認できます。

病気ではなく、扁桃がある人であれば誰にでもできる可能性があり、通常は知らないうちに(大きくなる前に)飲み込んだり、せきや痰(たん)で取り除かれるのですが、

唾液が少なくなって乾燥した状態などには溜まりやすくなって口臭の原因になることもあるようです。

基本的には無害ですが、溜まった臭い玉を放置していると扁桃炎になったり、ごくまれに大きな病気(腎臓病とか心臓病、大腸炎、関節炎等々)につながることもあるようです。

いずれにしても臭い玉が溜まらないようにすることですが、もし見つけても自分で取り除こうとするとのどを傷つけてしまったりするので専門医のところに行って取ってもらってください。

 

ガムを噛む

一番オーソドックスな方法ですね。

ガムを噛むことで、口臭をおさえることが出来ます。

と言っても一時的なものなのですし、一日中ガムをかみ続けることは難しいですね。

やはり口臭の予防は普段からの口内ケアが重要になってきます。

ガムを噛むことで得られることのひとつは、唾液の分泌が促進されることです。

唾液には、口臭を防ぐ殺菌性のある成分などが含まれていますので、ガムによる唾液の分泌は口臭予防の一環として有効かもしれません。

ちなみに寝起きの口が臭いのは、唾液の分泌が睡眠時に少なくなって口腔内が乾いてためであり、起きて食事などをすると唾液が分泌されるので、口臭もおさえられてくるということになります。

 

食事中はよく噛むようにする

食事中によく噛むようにすると、唾液が分泌されるので口臭予防に効果的です。

唾液は、口臭予防の他にも色々な効果があるので、食事でよく噛むようにして唾液を多く分泌させるようにしましょう。

 

まとめ

口臭というものは、普段のケアで克服できる場合が多いです。

口臭が気になる方は、まずは毎日のケアを見直してみてください。

ただ口臭が気になるからといって、歯を磨き過ぎたり、デンタルウォッシュをしすぎたりしないように注意してください。

過度なケアは、唾液を口の中から流してしまうことになり、口臭を予防するのに大切な唾液の機能が働かなくなってしまいます。

一般的には食事の後に口内ケアをする習慣をつければ十分なことが多いです。

 

今までいろいろやってきたが治らないから悩んでいる

ここまでは一般的なの口臭対策をご紹介しました。

虫歯等は口臭以外の部分でも治療が必要なのですぐにでも歯科医にかかってほしいのですが、日常的なケアをすべて実行しようとしても

すごく難しいですし、もしかしたらすでにやっているにもかかわらず口臭が改善しないというケースもあるのではないでしょうか。

それほど口臭は深い悩みであり、口臭改善は悩みを持つものとして切実な問題です。

 

すぐに解決できる方法はないのか。

これが一番の望みですね。

ガムやデンタルウォッシュ等のケアで一時的にごまかしてもそれは悩みから解放されたことにはなりません。

そこでですが、口臭解決の大きな改善策として注目されているものがあるのでご紹介しておきます。

その解決策として注目されているものというのは何かというと、それは口臭対策サプリメントです。

口臭対策サプリメントを利用することで、口の中の汚れや乾燥、体内環境の乱れ、臭いの元になる原因菌の増殖など、すべてにアプローチして口臭を無くしてくれるというものです。

しかも大半はチュアブルタイプ(タブレットのようなもの)やカプセル型でなめて食べるとか飲むタイプなので、日々手軽にケアすることが可能です。

しかも費用的にも負担少なく利用することができるのでおすすめです。

 

おすすめは ブレッシュです。

いろいろ調べてみましたが、

値段だけでなく、配合成分とか、いろいろある商品の中には初回安くても「定期購入を最低何回してください」と条件のあるものもあるのですが、いつでも休止できるとか、総合的にみて利用しやすいと考えこれがおすすめかなと判断しました。

また多くのメーカーさんが1袋30粒程度の内容量なのですが、1日に1粒しか利用できないので結果足りなくなってしまいます。

ブレッシュは初回は1袋でも2袋でも同じ金額で(2回目の金額が変わってきます)申し込めるので、初回2袋コース980円の方で申込んでおいて、2回目は少し間を空ける(次回お届け日の10日前までに連絡)とか、プランニングが可能です。(詳しくはブレッシュ公式ページでご確認ください。)

また初回分に限り、30日以内であれば返金制度もあるので安心です。

さらにいうと、支払方法としてクレジットカードの他コンビニ後払いとかは普通にあるのですが、Amazonアカウントで支払えるなど支払方法のバリエーションも多いので便利な点もおすすめの理由です。

口臭の悩みに関して、最短で解決できるかもしれませんよ。

 

AAA動画

BTS動画

シェアする

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  •