プロペシア、使ってはいけないその理由と使うべき育毛剤とは

MENU

プロペシアなど発毛剤の登場の前は

 

現在AGA(壮年性脱毛症)の治療方法にはいろいろな方法があります。

 

AGA、つまり薄毛は病ではなく体に起きる、例えば老化とか現象のひとつなので
治療という言葉が正しいかどうかは分かりませんが、一般的には治療と言われ
様々な方法で薄毛や脱毛の改善を図ることができます。

 

 

こうすれば毛が生えると言った民間療法から始まり、発毛剤や育毛剤を使用する方法、
発毛サロン、カツラ、、増毛、植毛といった方法もあります。

 

 

最近は病院での男性型脱毛症の治療もできるようになってきています。

 

爆笑問題が出演しているCMでも目にすることも増えましたから、病院で薄毛治療を
行っている人も多くなっていますね。

 

 

 

一昔前ですと、薄毛になり始めるとそれはもう受け入れるか、
カツラや増毛などに頼るしかありませんでした。

 

養毛剤といった効果があるのかないのか、まゆつば的なものもたくさんありました。

 

頭皮をたたく育毛法なんていうのもありました。

 

 

しかし医学的な進歩によって効果の期待できる育毛法や治療法も出てきましたし
カツラや増毛法も精度が高まり、一見それとわからないようにもなってきました。

 

 

費用は高額ですが植毛なども成功率が高くなり、実施する人も増えました。

 

昔は人工毛などの使用で何度も手術しなければならなかったり、失敗も多かったですが
薄毛解決の最終的な手段としての選択肢となっています。

 

しかし費用は高額、誰でも実施できるわけではありませんし、
毛根の移植という術式だけに抵抗を感じるのも事実です。

 

 

その中で1997年12月に、もともと前立腺肥大症の治療で使用されていたフィナステリド
発毛効果が見られるとしてAGAの治療薬としてアメリカで承認され、
日本では2005年10月に商品され、その後AGAの治療で用いられるようになりました。

 

 

フィナステリド配合のAGA治療薬はプロペシア、あるいはプロスカーという名前で
販売されています。

 

AGAに有効な治療成分としては、ミノキシジルフィナステリドの2つとなっています。
ミノキシジル配合ではリアップが第1類医薬品として売られており、
フィナステリド配合の治療薬としてはプロペシアという名前で処方されています。

 

 

それぞれDHT(ジヒドロテストステロン)という、男性ホルモン(テストステロン)と
U型5α-リダクターゼが結びつくことで発生する脱毛症に有効で、
その結びつきを阻害することで薄毛の進行に対して有効性を持ちます。

 

 

ミノキシジルとフィナステリドに違いは、ミノキシジルは頭頂部中心にしか効果は出ないとされ
前頭部などには効かないとされています。

 

しかしフィナステリドは前頭部にも効果がある点が違いとされています。

 

 

プロペシア、厚生労働省も注意喚起で妊婦は触れると超危険

 

副作用に関しては、ミノキシジル同様、薬である以上フィナステリドにも存在します。
一部胃の不快感や性欲の減退症状などが認められていますが、肝機能障害の懸念もあります。

 

 

ただ、この薬の副作用として特筆しなければならないのは、使用している本人よりも
周りへの影響が時として大きいという点です。

 

この点に関しては、厚生労働省も注意喚起を行っていますので必ずご確認いただきたいのですが
女性、特に妊娠中の方に関しては触れることも避けねばならない成分です。

 

服用ではなく、触れることも避けねばなりません。

 

これはフィナステリドという成分が、胎児に影響を与えるためで
もし男児を妊娠していた場合、その男児の生殖器に異常を与える大きな懸念が確認されているからです。

 

 

フィナステリドを配合したプロペシアは、基本医師の処方箋に基づいて処方されるAGA治療薬ですが
今はネットで何でも手に入る時代で、個人輸入や輸入代行などで容易に敵に入れることが可能です。

 

また国内でネット販売している販売店も存在していますので、利用には細心の注意が必要です。
簡単に手に入るからといって、安易に考えないようにしてください。

 

 

 

ただし、その場合粗悪品や模造品などの低品質のものをつかまされたりする懸念、
そして上記の注意点などを認識しないで服用したり使用したりして、結果上記のような事故が
実際に起きてしまうと言う点も否めません。

 

医師の処方なしで安易に入手し使用するのはオススメできません。

 

 

効果と副作用、メリットとデメリット両面をしっかりと踏まえてご使用することをオススメします。

 

 

より安全で同等の効果は得られる方法はないものか

 

医学と時代の進歩は育毛剤にも多くの技術革新をもたらしています。

 

様々な研究と臨床の結果、発毛成分ミノキシジルと同等の発毛効果を持つことが分かった成分で
M-034というミツイシコンブから抽出される成分が育毛剤に配合されるようになりました。

 

その代表格がチャップアップという育毛剤になります。
すでに多くの薄毛で悩む人の悩みの解消を果たしています。

 

 

M-034が配合された育毛剤の登場は育毛剤にとってもある意味革命的で
多くのご利用者が効果を実感するに至っており、現在もどんどん利用者を増やし続けています。

 

またミノキシジルと同等の効果が得られるにもかかわらず副作用に関しては
ほとんど心配をしないでよくて、妊婦が触ると危険だとか、肝機能障害、性欲減退などの懸念をしないで
使用できるので、安全性も問題ないと言えます。

 

 

また頭皮環境の改善、保湿、抗炎症作用、細胞分裂の促進、血行促進など育毛と薄毛改善に
必須と言える作用をもたらす自然由来の成分が32種類も配合されており、センブリエキス
グリチルリチン酸ジフェンヒドラミンHCなどが薄毛解消と毛髪の成長の促進をもたらします。

 

 

プロペシア、リアップなどの使用をするなら、まず先進のしかも自然由来成分で構成された
育毛剤チャップアップの使用を試してみることをおススメします。

 

 

↓      ↓      ↓