=aRuka(あるか)^^♪=

そういうのあるか、こういうのもあるかという情報サイト

目薬の注し方は95%が間違ってる、複数滴を注しても無意味

time 2018/01/31

目薬の注し方は95%が間違ってる、複数滴を注しても無意味

 ドラッグストアには専用棚が設置され、多種多様な「目薬」がズラリと並んでいる。その数は処方薬もあわせると、1000種類にのぼる。あまりの種類の多さに、何を買えばいいのかわからないという人も少なくないだろう。

 目薬は、病院で処方される「処方薬」と「市販薬」に大別される。また市販薬は健康被害の生じるリスクが高い順に第一類医薬品(店頭では薬剤師の対面販売のみ可能)、第二類医薬品(店頭では薬剤師と登録販売者が販売できる)、第三類医薬品(第二類と同じ)に分けられている。

 彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長の平松類医師が解説する。

「正しく使えば効果が期待できますが、使い方を間違えると効果が下がってしまう。誤った目薬の使用によって目が炎症を起こしたり、場合によっては手術が必要になったケースもあります。

 しかし、私が今まで接した患者のうち、正しい目薬の注し方を知っていたのはわずか5%程度で、残りの95%は“間違った注し方”をしていたのです。特に多い誤解が、目薬を注した直後に、成分を行き渡らせようと『目をパチパチさせること』です。点眼直後にまばたきをしてしまうと、目薬の成分が涙で流されてしまい、効果が少なくなってしまう。

 点眼後は目をつぶって、1分程度じっとしておくのが正解。点眼後、目を上下左右に動かすことも成分が目の外に流れ出してしまうので注意してください」

 ならば多少こぼれ出てもいいように何滴も注しておこう──そう考える人がいるかもしれないが、まったく意味がない。

「人間の目にたまる水分の量は約30マイクロリットルまでで、そのため、多くの目薬は1滴あたり30~50マイクロリットルが出るように設計されている。もし2滴以上注したとしても余分な量は目の外に流れ出てしまうため、効果は1滴だけの場合と何も変わらない。単なる目薬の無駄遣いです」(前出・平松医師)

※週刊ポスト2017年3月17日号

AAA動画

BTS動画

シェアする

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  •