=aRuka(あるか)^^♪=

そういうのあるか、こういうのもあるかという情報サイト

半身浴はダイエット&デトックス効果なし 肌乾燥のリスクも

time 2018/01/31

半身浴はダイエット&デトックス効果なし 肌乾燥のリスクも

寒さが本格化するこの時期、体の芯まで温まる入浴タイムは至福のひととき。一方で、冬のお風呂では事故も多い。厚労省の統計によれば、年間約1万9000人の「入浴関連死」のうちの半数が、11~2月の冬場に集中している(2015年度)。主な原因は、急激な体温変化による血管収縮とされているが、実はお風呂は入り方次第で、メリットがデメリットに早変わりする。

「正しい入浴法」とはどんなものなのか。専門家にありったけの疑問点をぶつけてみた。

何℃のお湯に何分浸かるのがいい?

温泉療法専門医で東京都市大学教授の早坂信哉さんによれば、真冬でも高温のお湯に長時間入浴するのは避けるべきだという。

「『温熱効果』といい、人間の体は体温が0.5℃上がるだけで血液の流れがよくなり、筋肉のコリが取れ、神経も落ち着く。この効果は40℃の湯船に10分浸かれば得られるんです。30分を超える長風呂は体に負担が大きく、冬でも熱中症になり、湯船で意識を失うケースもある。眠気が出たりぼんやりしてきたら、一旦湯船から出るのが安全です」

昨今、より強い温熱刺激によって体内で生成されるたんぱく質「ヒートショックプロテイン」が脂肪燃焼に効果的といわれ、42℃近い高温の湯船に10~20分浸かることをすすめる声もあるが、早坂教授はこれに警鐘を鳴らす。

「42℃での入浴は血圧を上げ、血をドロドロにして血栓を作りやすくしてしまう。毎日の実践はおすすめしません」

メルマガを購読する

AAA動画

BTS動画

TWICE動画

動画ページ

シェアする

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  •